千葉パパのTHINK THE LIFESTYLE

千葉県でパパをしていいます。独立画策中。

子育てに疲れを感じたら。大切な心のコントロールの話

第33回

f:id:kogahideyuki:20190204185556j:image

こんばんは。

 

今回は子育てに疲れてしまった親御さんの心の負担を少しでも減らす方法をご紹介したいと思います。

 

完璧を求めない

あなたはまだ子育ての初心者です。

完璧にできるわけがないということを認識しましょう。

特に第一子は、いろんなサイトを見て、あれこれ、子供の成長が遅いのではないかとか、こんなこともやらなくちゃ!

など焦りが大きくなりますが、

赤ちゃんは毎日どんどん大きくなっていきます。

そしてそのスピードは個人差があります。

お腹の中にいる時間が赤ちゃんによってそもそも違うわけですから、大きくなるスピードも違うのは当然です。

他の人とあれこれ比べる必要はないのです。

あなたにとって、また赤ちゃんにとって大切なことは自然体でいることです。

一度深呼吸して、焦らず赤ちゃんを見守ってあげましょう。

 

大切なのは愛情を伝えてあげること

いろんな服を買ってあげたり、知育玩具を買い与えたりすることも大切ですが、

赤ちゃんにとって大切なことは、愛情を伝えてあげることです。

何をしなくてもいい。

ただ毎日ぎゅっと抱きしめてあげることが何よりの成長の栄養となることでしょう。

 

旦那は仕事で疲れているが、紛れもなく二人の子供なので、あなたの気持ちを共有しよう

旦那さんに気を使っていませんか?

たしかに朝から晩まで働いていて、子育てまで気を遣わせないという配慮は立派ですが、

旦那さんもお父さんになりました。

家庭と仕事の両立をするのは当たり前のことです。

あなたの正直な気持ちを旦那さんに伝えてあげてください。それはわがままではありません。

 

きっと分かってくれることでしょう。

 

あなたが悩みを打ち明けないと、旦那さんは意外と気付いていないものです。

二人で子育てしていく

そういう覚悟を二人ですることはとても大事です。

 

親にも気持ちを共有しよう

親世代をしっかり頼ることが大切です。

あなたの悩んでいることを共有して、できるだけ子育てに参画してもらいましょう。

聞いてもらえるだけでも心が少し楽になるはずです。

また、祖父母としてどのように子育てを手伝えばいいのか迷っている方々もいらっしゃいます。

正直な気持ちを共有することで、

「それならこういう手伝いはできるね!」と

何かしらの手助けをしてくれることでしょう。

あなたが一人で育てなければならないというルールはどこにもないのです。

 

頼れるものは全て頼りましょう。

 

旦那や親に話をつけて、一日自由にしてもらう

旦那さんと一緒でもいいですし、あなた一人でもいいです。1日だけ自由な時間を確保しましょう。

親御さんを頼らない方は、近くの保育園の一時保育でもいいかもしれません。

 

一日子供と離れる時間を確保すれば、驚くほど気持ちがリフレッシュするもの。

 

1日ぶりに会った我が子はとても可愛く、大切さを何倍も感じることでしょう。

 

 

子育てが大変なのは今だけ

子育て中のお母さん、特に0歳児を見ているお母さんはとても苦しいことがあると思います。

しかし、2〜3歳になると、子供は親元を離れる準備をし始めます。

あっという間に保育園に通い、あっという間に小学生になってしまいます。

今は大変かもしれませんが、少しすれば一緒にいたくてもいれない時期がきます。

そう思うと無性に寂しい気持ちになりませんか?

 

苦しいのは今だけです。

 

この短い期間でありったけの愛情を赤ちゃんに注いであげましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

子育ては大変かと思いますが、少し自由な時間を確保したり、やらなければいけないという思いを一度真っ白にすることによって、また赤ちゃんと笑顔で向き合うことができます。

 

子育てに疲れてしまったお母さん。

 

ぜひ上記のことを実践してみてください。